5ninten…after

The destructive power of covid-19 is tremendous.
It is swallowing and changing the world economy, lifestyles, ethics, values, and everything in between.

In the midst of all this, 5ninten was launched as an exhibition that fully incorporated my theme of “emancipate” and started as a new beginning.
It started as an exhibition of the beginning again.

The continuation of everyday life.
Expanding desires.

Our freedom is being suppressed by a plague rarely seen in history.
While our freedom is being suppressed by a plague that is rare in history, we are trying to accelerate the dissolution of our desires by relying on our past lives.

In such a situation, how do we face reality and present a new future?
How do we get rid of the habits of the past and evolve?
I think we are being presented with such a challenge.

To let go.
Doesn’t it also mean to forgive?

covid-19の破壊力は凄まじく
世界経済、生活様式、倫理・価値観、あらゆるものを飲み込み変化させています。

そんな中で臨んだ5nintenは私のテーマであるemancipateを存分に盛り込み、
また始まりの企画展としてスタートしました。

毎日が続くということ。
膨張する欲望。

我々の自由は史上稀にみる疫病に押さえつけられながらも、
過去の暮らしを頼りにさらなる欲望の解消を加速させようとしています。


そんな中で、どのようにして現実と向き合い新しい未来を提示するのか。
過去の習慣を取り払い進化していくのか。
そんな課題を見せつけられているように思います。

解放するということ。
それは許すということでもあるのではないでしょうか。

art-of-people
懐疑的な先にある価値の再確認 Norimasa 同じモチーフを反復させる表現を一番最初に顕著にしたのは草間彌生さんで、それに影響を受けたアンディ・ウォーホールが有名なキャンベルスープやマリリンモンロ...

5ninten conducted transactions in virtual currency before the NFT crossed the chasm.
The art scene is about to undergo further changes.


5nintenではNFTがキャズムを越える前に仮想通貨での取引を実施しました。
アートシーンはさらなる変化を遂げようとしています。